2015年1月 4日 (日)

TOSHIBA Dynabook tab S68購入しました。

Dynabook tab S68買いました。

この機種を簡単に説明すると

Windows8.1 bing 32bit (検索エンジンをBingに初期設定する代わりにOS代がやすくなるあれです)

MEM 2GByte
SSD 64GByte
CPU クアッドのATOM  Z3735F 1.33GHz

SonyのVaio Type P(ケツポケに入るCMのあれです)を使ってたので、

正直ATOMプロセッサは無理だろうと思ってたんだけど、
意外にもサクサク。
(無論重いアプリが動くとかそういうレベルじゃないです。ライトユーザーなら、気にならないレベル)
メモリも少ないため、グラフィカルなゲームとか2~3立ち上げっぱなしにすると、
LINEとか文字が消えたりします。(多分リソース不足)

しかし、まぁ使える範疇。

これ、買う決め手になったのは、Wacomのペンタブと同じ技術を使ってることろにある。
もともと、メモ書きとか付箋とかアナログ世界で書いても、ばらばらになり、

「不便だなー電子媒体で一元管理できれば、超便利なのに!!」
って思ってて、ノートの代わりになるPCやスマホを探していました。。

最初は初代GalaxyNoteを使ってたんですが、Sペンの書き味はほかのスマホの
スタイラスには到底まねできないぐらい完璧で、お絵かきとかかなりお世話になりました。

しかし、所詮Android。普段使いPCには到底及ばず、、、、
Android2.3→4.xにアップデートしたら、使うに堪えないぐらい重くなり、
バッテリーの持ちが悪いので、結果お蔵入りになりました。

しかしそんな中、たまたまS68を発見し、触ってみたら思いのほかいい!!
スタイラスの追従性もよく、紙のように書けることから、買っちゃったわけです。

電話しながらメモを取ったりするのにも役に立ち、これから先ノートPC+TABの
組み合わせで運用できるんじゃないかと、期待しているところです。

しかし、出たばかりの商品なために、保護シートとかケースとか全然売ってない!!

そこで店頭で前のモデルのS38と今回のS68を見比べて、
ほぼ形が一緒と確認し、(オフィシャルの仕様を見ても、寸法は同じ。訂正、厚みだけ0.1mm違いますね)
液晶保護フィルムはS38のを買ってきて、S68に貼ったら問題なく使えました。
(カメラの位置とかも大丈夫)

S38用のフラップケースを買ってみて、使えるか試してみたいけど、
5000円オーバーなので、ダメだった場合はちょっとショック大きいですよね。

とりあえず今後気力があれば、何回かに分けて周辺機器とかも書いていきたいと思います。(需要あるのかねぇ?)


Img_0852


現在の組み合わせ。(ポケモンキーボードにBluetoothマウス。スタンドはDtab用)






| | コメント (0) | トラックバック (0)